バリアフリーでスムーズなリビングとのつながりと広さへと続くライフスタイルの提案

段差の無いバリアフリーにすることのメリットは?

バルコニーとお部屋の段差に困っている人は意外と多く、若い時は気にならなかったけれど、ご年配の方になるとワンテンポの段差が怖かったり、つまづいて転んでしまったら大けがにつながる可能性もありえます。
お部屋からそのままスムーズに行き来できることは家族の安全を守り、将来のことを考えてなるべく段差のないフラット化を望む声も多いのです。
バリアフリーになると家事導線も楽になり、何より素足のままフラリとバルコニーへ出れることはお子様にとっても家族にとっても嬉しいですよね。
段差をなくすバルコニーのフラット化により更なるリビングの延長として広々とした安全な空間を楽しみましょう。

フラットな空間による更なるスペースの広がりへの魅力

段差のないバリアフリーになるメリットは?

バルコニータイルによるバルコニーの段差をなくすフラット化はバルコニーもリビングの一部としてお部屋のように使えると言うメリットがあります。
お部屋の窓を開け放した時にバリアフリーの場合はそのままリビングからバルコニーへと行けるのはとてもスムーズです。
お客様をよんでバルコニーテラスでバーベキューを楽しまれてもいいですよね。
フラットにするとお部屋の使い方も更なる広がりをみせ、喜びが増すでしょう。

スムーズな行き来による効率のよい家事導線へ

生活スタイルの便利化

バルコニーがフラットであることは毎日の洗濯物を干す作業などの家事の効率が上がります。
また、布団を干したり、取り込んだりという作業も楽になります。
毎日の家事はできるだけスムーズに日々行いたいものです。
また、急な雨が降って来て部屋の中に取り込む時もフラットなバルコニーであればすぐに取りかかれますね。
フラットであるからこそ、素足でそのまますぐにバルコニーへ出れるのも主婦の方や小さなお子様には嬉しいものです。

遊びや過ごし方が変わるバルコニータイルのフラット化

家族が自由に使えるバルコニーへ

お子様がバルコニーでプールをしたり、サマーチェアを出してお父さんが日光浴にいそしんだり、ガーデニングをしたりとバルコニーがフラットになることで、よりバルコニーでの過ごし方が楽しいものとなります。
段差のないバルコニーですとリビングとバルコニーの間に椅子を置きのんびりと過ごすこともできますし、段差のある場合はフラットなバルコニーに比べて閉鎖的になるためガーデニングをする場合でも少し狭く感じたりするかもしれませんね。
より家族が自由に気ままに使えるもう一つの、お部屋として、フラットなバルコニーライフを楽しみましょう。

バルコニータイルは段差のないバリアフリー効果を実現することができますが、より生活をシンプルにすると共に、将来に備えた暮らし作りへとつながることがわかりました。
お部屋との一体感がより感じられ、毎日の家事導線が楽になり、バルコニーで過ごす時間が安心したものになるでしょう。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問